【初心者向け】投資のお勉強 〜おすすめの本②〜

投資
スポンサーリンク

ヤッホー!

今回私が投資を始めたときに役にたったなーと思った本を紹介します。

以前、「金持ち父さん貧乏父さん」を紹介しましたが今回は「バビロンの大富豪」という本を紹介したいと思います。

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか [ ジョージ・S.クレイソン ]

 

この本は物語風で投資の考え方を教えてくれます。

具体的に「この株を買え」「この不動産を買え」「こうやって稼げ」といった内容ではなく、投資家としての思考・目線のお話です。

難しい単語が一切出てきませんので投資初心者の方にはかなりおすすめです。

このお話は昔のことを物語風に書いてますので、本で読んだ事を現代に当てはめていかないといけません。

私なりの解釈をまとめましたので是非最後まで読んでみて下さい。

 

STEP1  まずは貯金しよう!

金持ちの最初のステップとして給料の10分の1を貯金すると物語の中で説明があります。

要するに投資の為の種銭を作りましょうという事ですね。

ちなみにサラリーマンの生涯年収の手取りは約2億円と言われてますので、毎月10分の1貯金するだけで2,000万円貯金する事が出来ます。

老後2,000万円問題が話題になりましたが、意外としっかりと貯金をするだけでこの問題は解決できるのかもしれません。

とは、なりません。泣

この理由はまた別の記事で書く予定ですので、楽しみに(?)待ってて下さい♪

話がそれましたが、日本人の中央値年収が350万円ほどですので手取りが260~280万ほどになる人が多いと思います。

つまり、月21~23万円程になりますからその10分の1である2万円ほどを貯金すれば良いことになります。

2万って結構大変かもしれませんが意外に簡単に節約できます。私は節約に関しても書いてますので他の記事を参考にしてみて下さい。

 

 

STEP2 欲求と必要経費を分ける!

これはSTEP1を実行する時に大切な考え方です。

月2万円貯金すると聞いて、「え、2万円も貯金は無理だよ」という人は結構いるのではないかなと思います。

貯金が難しいという人は「欲求と必要経費を分ける」必要があります。

欲求とはなくても大丈夫だけど、自分がしたい事や欲しいものになります。

節約をする前の私を例にすると、「自販機で買う飲み物」「サプリメント」「コンビニで買うお菓子」が当てはまります。

必要経費は生活するうえで欠かせないもので、衣食住や水道光熱費などが当てはまります。

まずこれらを分けて考え、欲求に当てはまるもので自分にとって必要のないものは買わないようにしましょう。

大切なのは自分の価値感で決めることです。

私にとってはコンビニで買うお菓子は別になくても大丈夫ですが、この記事を読んでくれているあなたにとっては自分へのご褒美として外せないものなら無理して我慢する必要はありません。

要するに何となく買ってしまっている自分にとってそんなに価値のないものがないか見直して欲しいという事です。

もちろんあれも欲しいこれも欲しいでは、投資家としての心構えとしてはナンセンスなものなのである程度線引きをする必要があります。

自分の価値観に合うものだけ買う事で自然に貯金ができるようになります。

実際に私は月5万ほど貯金してましたが、10万ほど貯金できるようになりました。

ここでは説明を省きますが、固定費を抑える事で今では月15万ほど貯金出来ています。

 

STEP3 貯めたお金に働いてもらう!

さてこれが投資の醍醐味です!

STEP1,2で貯めたお金を使ってさらにお金を増やしていきます!

手元にあるお金に働いてもらい資産を拡大していきましょう。

具体的に言うと「資産」を買っていくと言う事です。

資産とは「株・債権・不動産・事業」となります。

ちょっと難しいと感じたかもしれませんが、簡潔に言うと

手元にお金を運んでくれるもの」となります。

この考えは非常に大切で、この考えがない人はマイホームのことを資産と言ってしまいます。

私からするとマイホームは手元にお金を運んでくれるどころか、手元からお金を持っていってしまうからです。

先ほど資産とは何かというところで「不動産」と書きましたが、資産としての不動産は家賃収入が発生するものを言います。

マイホームは自分が住む家ですので、家賃収入は発生しません。つまり負債となります(ローンの支払いがあるため)

 

少し話がそれましたが、「手元にお金を運んでくれるもの=資産」を買う事でお金が増えます。

そしてその増えたお金でまた資産を買う事で雪だるま式にお金が増えていくのです。

余ったお金を全て貯金している人がほとんどだと思いますが、それはすごくもったいない事です。

貯金額の10%だけでも良いので是非投資に回してみて下さい♪

 

 

STEP4 損失から財産を死守する

最後に増やした資産を死守しましょう。

現代で言うと詐欺からお金を守りましょう。となります。

・そもそもそんなにお金持ってない

・私は大丈夫

と思っている人は詐欺にかかる才能があるので気をつけて下さい。

詐欺師は借金をさせてでもお金を払わせようとしますし、詐欺は複雑化していますので私は大丈夫と思っていてもいつの間にか詐欺の被害者になっています。

詐欺に遭わないためには

・投資の相場を知る

・他人が持ってきた投資は絶対にしない

・高望みをしない

この3つが大切だと私は思います。

⚫️投資の相場を知る

投資の相場は年利3〜6%です。100万投資したら3〜6万増えると言う事です。

これを知らないと

「元本保証で年利10%です!」と言うような詐欺に引っかかります。

何か商品を買うときは相場を知るのはとても大切な事です。今は情報が簡単に手に入る時代ですので、相場は簡単に分かります。

必ず相場を調べるようにしましょう。

ちなみに投資初心者の方は低額で積み立て投資をすることをお勧めします。

1回で100万ドーンと買うのではなく月2万円投資する。みたいなスタイルで始めましょう。

 

⚫️他人が持ってきた投資は絶対しない

これは理由はたった一つです。

そんなに良い投資ならお前がやれば良くね?

と言う話だからです。

億万長者の投資家に良い投資話が来るのがわかりますが、私達みたいな一般人にそんな美味しい投資話は絶対来ません。

「あなただけに教えます」みたいな類の投資話は絶対乗らないようにしましょう。

 

 

⚫️高望みはしない

投資はゆっくりと資産が増えていくものです。

投資で億万長者にはなれません。億万長者になるには稼ぐ力が一番重要です。

給料が20〜30万なのに億万長者にはなれないので、投資に夢は持たないよにしましょう。

投資に夢を持っていると詐欺師のカモにされます。気をつけて下さい。

 

番外編:私は違うと思ったこと

名著「バビロンの大富豪」ですが、私は1点だけ違うと思うところがあります。

それは「自分の住まいを持つことは、有益な投資と心得よ」という点です。

本の中では家を持つことで

家賃の代わりに金貸しにお金を返済し、返済が終われば残った家は資産になる

と説明がありましたが私はこの考えは否定的です。

理由は3つで

①災害のリスクが考えられてない

②居住地の自由がない(引っ越しが出来ない)

③投資用のローンが組めない

と言うことです。

①②は説明しなくても分かると思いますので省きます。

投資用のローンが組めないという点ですが

不動産投資をする時、ほとんどの人はローンを組んで不動産を購入すると思いますが

マイホームで住宅ローンを組んでいると投資用の不動産を購入しようとしてもローンが組めない可能性があります。

住宅ローンは借金ですので、借金をしている人にお金は貸せないよ。という事ですね。

また経済的に苦しくなった時に賃貸であれば家賃が安い家に引っ越す事で解決出来るかもしれませんが、マイホームを購入してしまうと毎月の支払いを安くする事が出来ません。

こういった意味でもマイホームを購入することは私はあまり賛成出来ません。

もちろん不動産投資をしない人やどうしても持ち家が欲しい!という人は買ったら良いと思います(個人の自由です)

持ち家と賃貸のそれぞれのメリット・デメリットを考えて購入して下さい♪

 

 

さて、長くなりましたが大体の本の内容が分かってくれると嬉しいです。

バビロンの大富豪は難しい専門用語がなく、文も堅苦しくないので初心者が読む本としてはかなりおすすめ出来る本です。

投資の勉強をしたいけど、何をしたら良いか分からないという人は是非読んでみて下さい!

 

ではでは!!

 


 


投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kintokiをフォローする
【沖ブロ】あなたの沖縄旅行・沖縄移住お手伝いブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました