まだしてないの?つみたてNISA〜金持ちへの道〜

投資
スポンサーリンク

ヤッホー!

今日は投資をするなら絶対知っておくべき「つみたてNISAについて」書いていこうと思います。

つみたてNISAは非課税で運用できる個人投資家にとって頼もしい存在です。

この記事を読めば投資の基本的な知識は身につきます♪

ぜひ最後まで読んで下さいね!

 

そもそもつみたてNISAとは?

つみたてNISAとは金融庁のHPにも載っている国が定めた制度で、運用益が非課税になる制度です。

「?????」となると思いますので、まずは投資の課税制度から説明します。

投資でのお金の増やし方は、簡単にいうと10,000円で買った株が12,000円に値上がりしたところで売却して2000円の利益が発生する。といった具合に株価が上昇する事でお金が増えていきます。

実はこの利益(この例でいえば2000円)に税金がかかります。

その割合は 所得税15% 復興特別所得税0.315% 住民税5% で合計20.315%です。

株で100万円利益が出ても約20万円も税金で引かれてしまいます。

これって相当な痛手だと思いませんか?

この憎き敵とも言える税金をなしに出来てしまうのが、つみたてNISAというものです。

これは使わない手はないですよね!

 

国が国民に長期の資産運用をして欲しくて出来た制度

話題になった老後2,000万円問題ですが、この制度が物語っているのは

国があなたたちの老後の面倒をみるのは無理だから自分でなんとかしてくれ!

という事です。

このつみたてNISAという制度を利用する事で自分で資産形成をして老後に備えて欲しいという国の本音が見える制度になっています。

つみたてNISAは少額投資可能かつ、誰でも長期積立で分散投資が出来るようになっています。

投資において「長期と分散」は非常に重要で、リスクを小さくする事ができます。

つみたてNISAで購入できる投資信託は、安全に資産運用が出来るように厳しい条件を満たしたものしか購入出来ないようになっています。

(※投資信託は株の集まりみたいなもので、一つの投資信託を購入するだけで分散投資が出来ます)

投資信託は私が使っているSBIネット証券では2155個ありました(2020年10月25日時点)

しかしつみたてNISA対象の投資信託は110個しかありません。

いかに条件が厳しいか分かりますよね。

(書いていて思ったのですが、逆に2045個はあまりおすすめ出来ない投資って事ですよね。恐ろしい世界だ)

投資って言っても何を買えば良いか分からないよ!と思う方はいると思いますがつみたてNISAは国が厳選してくれていますので、何を買えば良いのか選びやすいですし堅実な資産形成が出来ると思います。

 

なぜつみたてNISAは長期で分散した投資ができるのか? 

つみたてNISAは長期で分散した投資が出来るのかを解説していきます♪

長期投資出来る理由

つみたてNISAで投資可能期間は2018年〜2037年と決まっていて、さらに1年間に投資できる額は40万となっております。

 

1ヶ月あたり33,333円投資が可能です。

例えば手元に100万あったとしても「一発逆転狙って、100万円一括で購入だ!」と短期の投資が出来ません。

一発逆転狙いで短期で投資がしたくても出来ないという制度になっているという事です♪

長期で投資が出来ると言うよりは、「長期でしか投資が出来ない」と言った方が正しいかもしれません。

 

分散投資が出来る理由

先ほどつみたてNISAは国が条件を絞って選び抜いた投資信託しか投資できないと説明しましたが、この条件の一つが分散されているものとなっているため、そもそも分散投資しか出来ません。

分散投資は様々な手法がありますが、その中でも有名なものが市場に連動した投資信託です。

インデックスファンドと呼ばれたりします。

これらの投資信託は名前の最後に「〜インデックスファンド」とつきます。

インデックスファンドは資産拡大において最適解と言われるほど堅実な投資方法で、5000円ぐらいの少額からも出来るので値動きに慣れたい方やそもそもそんなに貯金がありません。という人はすごくおすすめです♪

話がそれましたが、国が分散できている投資信託を用意してくれているので私たちはその中から安心して選べば良いという至れり尽くせりの制度という訳です。

 

 

つみたてNISAの期限2037年以降はどうなるのか?

コツコツと2037年まで積み立てたとして、その後はどうなるのでしょうか。

つみたてNISAは2018年〜2037年まで積立が可能で、入金した時点から20年間は非課税となっております。

つまり2018年に入金した40万円は20年間非課税ですので、2037年までは利益に税金がかからず2038年以降に出た利益には課税されます。

同様に2019年の40万は2039年以降から課税、2020年の40万円は2040年から課税、、、、、

といった具合になりますので、必ず20年後に売却しないといけないわけではありません。

私は今27歳ですので20年後は47歳です。

未来は分かりませんが、まだ人生の半分ぐらいの歳ですし資産形成の真っ最中と思いますので恐らくそのまま運用していくと思います。

これは個人の自由ですし、売却するのかそのまま運用するのかは自分の投資スタイルに合わせたら良いと思います!

 

まとめ

・つみたてNISAは投資の利益が非課税になる制度

・少額から投資できる

・国が危ない投資をしないように投資先を厳選している

・2018年〜2037年の間積み立てが可能(運用は20年)

・1年で40万入金可能

つみたてNISAの口座開設はお金はかかりません!

投資をするか分からなくてもとりあえず開設する事をお勧めします。

老後の年金が十分にもらえるとは限りません。少額でもコツコツと積み立て投資をして

豊かな老後が迎えられるように一緒に頑張っていきましょう!

 

ではでは!!

 


投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kintokiをフォローする
【沖ブロ】あなたの沖縄旅行・沖縄移住お手伝いブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました