沖縄に移住予定の人は必見!沖縄は移住の支援制度が充実している?

沖縄移住・暮らし
スポンサーリンク

 

 

沖縄に移住予定の人は必見!沖縄は移住の支援制度が充実している?

沖縄移住で使える支援制度って何かないの?

仕事にお金、、、一人ではいろいろ大変!誰かに助けてほしい!

と思っていませんか?

この記事では沖縄移住で役に立つ、国・県・市町村の支援制度をまとめています。

この記事をよめば、沖縄移住で役立つ支援制度を学ぶことができます!

 

☑️この記事の内容

・沖縄移住で役に立つ国・県・市町村の支援紹介
・沖縄移住を体験することができる市町村の紹介
・各市町村の支援制度まとめ

 

 

沖縄移住の支援 就職

移住で心配になるのは、新しい仕事先が見つかるのかということですよね。

仕事はお金と直結する問題なので、移住を成功させるかどうかの重要なカギです。

使える制度はとことん使って、いい就職先を探しましょう!

 

 

沖縄移住の就業支援① りっか沖縄

りっか沖縄は中小企業の人材不足を改善するために、UIターンの人向けの支援を行なっています。

 

U・Iターンとは?

Uターン:1度生まれ育った場所以外で勤務したのちに、再び出身地に戻って働くこと
Iターン : 生まれ育った場所で勤務したあと、出身地以外の場所に移住して働くこと

 

沖縄、大阪、東京に窓口があり申し込みは無料です。

個別のキャリア相談、合同企業説明会のバスツアー、就職までのサポートなどを行なってくれます。

 

 

沖縄移住の就業支援② 沖縄バイオ人材マッチング

沖縄バイオ人材マッチングは沖縄県内に事業所をもつバイオ系企業・大学・研究機関と、日本全国の人材をマッチングすることを目的としたWebサイトです。

 

バイオ系とは?

医療・健康・食品・創薬・化粧品・環境等の分野のこと

 

自分の持っている資格を活かしたい人にはおすすめ

持っている資格を登録することで、その資格を活かせる企業から連絡がきます。

もちろんこちらから連絡することも可能です。

運営側からの支援はなく、企業と求職者が出会う場を提供しているという形態です。

掲示板みたいなもの。という認識が正しいでしょう。

 

 

沖縄移住の就業支援③ 沖縄県保育士就職準備金貸付事業

沖縄県保育士就職準備金貸付事業は保育士むけの支援です。

ひとり1回まで無利子で40万借りることができ、2年間勤務した場合は返済が免除になります。

 

対象

保育士資格登録後1年以上経過した方で保育所等を離職して1年以上経過した方又は、勤務経験のない方

 

沖縄県が潜在保育士に保育士として働いてほしい!という願いから始まった事業で、県外だけでなく県内の人も利用できる制度です。

 

その他保育士に対する支援

うるま市 ➡️ 市内の保育園で正社員として週40時間以上勤務する保育士に月額82,000円を支給。
石垣島  ➡️ 県内からの移住は最大20万、県外からの移住は最大30万の補助金
宮古島  ➡️ 県内からの移住は最大40万、県外からの移住は最大50万の補助金(沖縄県の貸付事業と併用不可)

 

細かい条件は市のHPをご覧ください。

うるま市はこちらから

石垣島はこちらから

宮古島はこちらから

 

 

沖縄移住の就職支援④ 国の制度「地方創生」

 

 

沖縄県だけでなく、国の制度も存在します。 

 

 

⚫️起業支援金

 

地方で起業すると国からの支援金を受け取ることができます。

 

補助金:最大200万円

沖縄移住する場合の対象者

・新たに起業する場合、次の1、2を満たすことが必要
1、公募開始日以降、補助事業期間完了着までに、個人開業届又は法人の設立を行うこと
2、沖縄県に居住している、または居住する予定であること

・事業承継または第二創業する場合、次の1〜3を満たすことが必要
1、国が認めた社会的事業であること
2、公募開始日以降、補助事業期間完了日までに、事業継承または第二創業を行うもの
3、沖縄県に居住している、または居住する予定であること

 

 

⚫️移住支援金

 

東京からの移住であれば支援金がもらえることがあります。

 

補助金:最大100万(個人だと60万)

移住支援金交付までの流れ

 

 

⚫️起業支援金+移住支援金

 

見出し

沖縄へ移住して社会的事業を起業等した場合(最大300万円※単身の場合は最大260万円)

 

 

沖縄移住の支援 移住体験

市町村によっては、短期の移住体験をしていところもあります。

 

短期の移住体験ができる市町村

東村 1泊1,500円 詳しい内容

国頭村 1泊2,000円〜3,000円 詳しい内容

うるま市 6,000円〜(滞在日数に関わらず) 詳しい内容

 

移住を迷っているという人は、短期の沖縄移住を体験して決めるのもいいと思います。

また短期の移住であれば寮費・水道光熱費無料・食事付のリゾートバイト もありです。

稼ぎながら、沖縄移住を体験できるというのは、市町村の支援にはない魅力と言えます

 

 

沖縄移住の支援 各市町村の支援

各市町村で利用できる制度がまとまっているページをリンク貼っときます。

移住予定地があれば、どのような制度があるか確認しておきましょう。

※特に手厚い地域に厳選しています。他の地域も支援制度はありますのでこちらから確認してください。

 

石垣市国頭村
東村渡名喜村
伊是名村粟国村
久米島町多良間村
与那国町うるま市
今帰仁村宮古島市
伊江村名護市

 

沖縄移住の支援 まとめ

いかがでしたでしょうか?

👇ここまでをまとめ

沖縄移住の就職支援

・沖縄りっかで沖縄の中小企業を探す
・バイオ系の仕事を探している人は沖縄バイオ人材マッチング
・保育士は県からお金を借りることができ、2年間働くと返済義務がなくなる
・起業する人は内閣府の「地方創生」を利用

 

 

沖縄移住体験の支援

・うるま市、宮古島市、石垣島市で短期の沖縄移住体験ができる
寮費・水道光熱費無料・食事付のリゾートバイト!もあり

 

 

この記事が沖縄移住の支援制度を探している人に参考になると嬉しいです!

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました