沖縄移住は20代にすべき?若い時に移住するメリット・デメリットまとめ

沖縄移住・暮らし
スポンサーリンク

 

沖縄移住は20代にすべき?若い時に移住するメリット・デメリットまとめ

沖縄移住は20代にするべきか、老後にするべきなのか悩んでいませんか?

この記事では沖縄移住のタイミング悩んでいる人に向けて書きました。

 

タイミングで悩んでいる人に参考になると思いますので、ぜひ最後まで読んでください。

 

✅この記事の内容

・20代で沖縄移住するメリット、デメリット
・20代で沖縄移住、成功させるコツ
・結局、移住は老後と20代どちらがいいのか?
 

 

20代の沖縄移住 メリット

ここでは20代で沖縄移住をするメリットをまとめました。

老後の移住と違ってお金もあまりないのが、移住すべきか悩んでいる大きな要因だと思います。

しかし、20代だからこそのメリットもあります!

 

 

転職がしやすい

20代の1番の強みは、転職ができるということです。

もちろん特別なスキルを持っていたり、仕事を選ばなければ何歳からでも転職は可能です。

しかし転職の壁は35歳と言われているように、年齢が高くなればなるほど転職が難しくなるのは事実です。

20代であれば求人はたくさんあるので、移住&転職をするタイミングとしてはベストと言えると思います。

 

移住の初期費用と生活費4ヶ月分の貯金があれば、移住してから職探しをしても大丈夫です。
これは自己都合の退職だと、失業手当をもらうことができるのが4ヶ月後ぐらいになるからです。

 

もし、そんなに貯金がないのであれば転職をしてから移住することをおすすめします。

焦って転職をしてしまうと、給料が安かったり、条件が悪い会社に就職してしまう可能性が高くなるので気をつけてください。

 

沖縄の転職は転職エージェントを利用するといいでしょう。

非公開の求人や希望にあった仕事を紹介してくれます。

 

 

失敗を経験にできる

若さの魅力は転職のしやすさだけではなく、たとえ失敗したとしても経験にしてしまうことができることです。

もちろん失敗しないのが理想ではありますが、移住をしないとわからないことはたくさんあります。

気候が合わなかったり、おきなわ特有の文化になれなかったりなど色々な理由で、移住を諦めUターンする人がいるのも事実です。

老後に移住を諦めて、Uターンをすると体力的にも経済的にもしんどくなります。

若いうちに失敗しても経験になりますし、違う職場を見つければ経済的にもやり直しができます。

 

失敗を過去のことにして、経験としてに活かすことができる。

これは若者の特権と言えるでしょう。

移住失敗の人の中には、「沖縄は旅行で楽しむ場所ということが分かった」とポジティブな意見を言っている人もいました。

これは若いからこそできる考え方と言えます。

 

 

体力がある

老後の移住とちがい、20代は体力があるのもメリットの一つです。

引越しの荷物をまとめたり、生活に必要な家具・家電を揃えたりと移住はやるべきことがたくさんあります。

移住は思っている以上に体力をつかいハードです。

いつか移住をしたい!と思っているのであれば、体力がある若いうちに移住をするのがいいでしょう

 

 

20代の沖縄移住 デメリット

ここまで20代で移住するメリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットも存在します。

若いうちに移住するメリット、デメリットの両方を把握して移住に役立てて下さい。

 

 

貯金が少ない

沖縄は「収入がひくい仕事が多い」&「移住のときは初期費用などでお金がかかる」ため、貯金額が大切になります。

 

20代というのは社会人になってまだ5〜8年ぐらいの人が多いです。

そんな20代はもちろん30代以上の人に比べて貯金が少ないのが当たり前です。

2019年の厚生労働省によると、20代の平均貯蓄額はやく179万円。

これはいわゆる老後の65歳の平均貯蓄額である、1,400万と比べるとかなり少ないのがわかります。

若いうちの移住はお金の問題をどう解決するかが、移住を成功させる鍵になってくるでしょう。

 

 

遊ぶ場所が少ない

20代はまだまだ遊びたい盛りです。

しかし沖縄ではそんなに遊ぶ場所がありません。

有名な観光地は1年半もあれば行き尽くしてしまうでしょう。

海が好きで移住する人は特に要注意で、海なんて1年も経つと飽きてしまいます。

また、移住者の人たちは沖縄に友人がいないことが多く、一緒に遊びに出ることが出来ないのも遊ぶ場所が少なくなる原因となっています。

 

遊びに行く場所がないので、結局おうちでゴロゴロしてしまう。

「あれ?これ沖縄に住む意味ないんじゃない?」

となって友人がたくさんいる地元にUターンするパターンが多いみたいです。

 

 

20代の沖縄移住、成功させるには

個人的には20代の沖縄移住は成功する可能性がたかいと思いますが、より成功率を上げる方法があります。

ここからは20代で沖縄移住する場合に大切なことをまとめています。

 

 

貯金体質になる

20代で沖縄移住をするときの最大の問題点はお金です。

沖縄は収入が少なく経済的には厳しい生活になることが予想されます。

現時点で、自分は毎月黒字で生活ができている!という人は問題ありません。

しかし、残業代やボーナスありきの生活になっていたり、いつもギリギリの生活をしている人は要注意です。

沖縄に移住すると収入が減ることが予想されるので、現時点での収入で貯金ができなければ話になりません。

家計を見直し、貯金体質になってから沖縄移住をしましょう

 

 

沖縄旅行か1ヶ月短期移住をする

お金の次に移住に失敗してしまう理由としてよくあげられるのが、沖縄の気候になれないというものです。

沖縄は1年中暖かく、湿度が高い亜熱帯性気候という地域に属します。

皆さんが住んでいる地域とは全く違う気候なので、慣れるのが大変です。

移住者のなかには、気候が原因で永住を諦めるなんてことも不思議ではありません。

 

そんな気候が原因の失敗を避けるためにも、移住前に旅行か1ヶ月以上の短期移住をすることをおすすめします

旅行の場合は一回だけでなく、時期と場所をずらして3〜5回は沖縄に行きましょう。

そうすることで、沖縄の気候がどんな感じなのか肌で感じることが出来ます。

 

短期移住の場合は1ヶ月以上滞在することで、沖縄での生活の大変さを身をもって実感することが出来ます。

沖縄への短期移住は別の記事でまとめているので、気になる人は読んでみて下さい。

 

👇沖縄の短期移住について知りたい人はこちらから👇

 

 

沖縄移住は20代で挑戦すべき!

「結局、沖縄移住は老後と20代どっちがいいの?」と思っていると思います。

私の個人的な考えでは「沖縄移住は20代挑戦すべき」だと思っています。

 

20代で沖縄移住すべき理由

・失敗を経験にできる
・大きなデメリットがお金だけ

 

20代での沖縄移住はたとえ失敗したとしても、経験にするという老後にはない特権があります。

また地元に戻っても仕事に就けないというリスクが小さく、やり直しができるのが魅力です。

 

若いうちは体力もあるし勢いもあります。

普通に働いて、生活費を稼げればあとはなんとでもなります。

2、3年も住めば沖縄での生活に慣れて精神的にも余裕が生まれるでしょう。

 

もちろん沖縄移住のタイミングはみなさんの自由ですが、どのタイミングでもメリット・デメリットはあります。

沖縄に移住するんだという強い思いがあるなら、デメリットが少ない20代のうちに沖縄移住しちゃいましょう。

 

 

さんちゃん
さんちゃん

最後まで読んでくれてありがとうございました!

この記事がみなさんの参考になると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました