私がビットコインで失敗した話から売るタイミングを考える

投資
スポンサーリンク

ヤッホー!

今回は私が今話題のビットコインで失敗した話を書いていこうと思います。

 

この記事では

・ビットコインが値上がりする理由

・私の失敗談

・売り時

を書いていこうと思います。

是非最後まで読んで欲しいです。

 

ビットコインが値上がりする理由

まず最初に皆さんにお伝えしたい事があります。

それはビットコインはまだまだ値上がりするという事です。

 

理由は大きく下記の3つあります。

①市場規模が小さい

②発行枚数に上限がある

③マネーサプライの膨張

 

 

①市場規模が小さい

ビットコインは2020年11月18日に3350億ドル過去最高になりました。

これはビットコインバブル期の2017年12月18日に記録した3348億ドルを超え、話題になりました。

しかしビットコインの市場規模は株の市場規模に比べると非常に小さいです。

株の市場規模は約87兆ドルとビットコインの約260倍もあります。

株式市場の資金が1%だけ流入しただけでも、その額は8700億円となりビットコインの時価総額が約3倍に膨れ上がります。

いかにビットコインの市場規模が小さいか分かります。

市場規模が小さいということは不安定という面がありますが、将来性があると言う事です。

ビットコインに投資している人は、ビットコインの価値というよりは将来性に期待して投資している人が多いと思います。

 

②発行枚数に条件がある

ビットコインは発行上限枚数が2100万枚となっています。

これが本当に不変であるとしたら、埋蔵量が限られている金と同じようなものです。そのためビットコインはデジタルゴールドと呼ばれたりします。

さて、先ほど説明した通りビットコインの市場規模は株式市場に比べると非常に小さいです。

もし仮に株式市場の1%の資金が流入したらどうなるのか。

その時価総額は1兆2050億ドルとなります。

ビットコインの発行上限枚数が2100万枚です。

単純に計算するとビットコイン1枚の価格は57,380ドルになり、現時点の約17,700ドルを大きく上回ります。

この事を考えるとビットコインに投資価値がある事が分かりますよね。

ただし発行上限枚数が変わる。という事があれば投資家のビットコインに対する期待感が低くなり暴落する可能性はあると思います。

ないと思うけど。いや、ないと信じたい。笑

 

③マネーサプライの膨張

コロナ禍による経済再生を目的に、各国で紙幣が大量に発行されています。

その額は全世界で860兆円を超えており、これは全世界GDPの約10%になり前例がない金融政策です。

ワクチンの効果があったとニュースになりましたが、そのまま順調にワクチンが開発されたとしても経済が元に戻るには年単位の時間がかかります。

この間も各国の経済対策として紙幣が大量に発行されるのは予想できる事です。

お金が大量に流出するということはその一部がビットコイン市場に流入する可能性は非常に高いと思います。

ビットコインは発行上限枚数が決まってますから、資金が流入すれば値上がりします。

 

 

以上の3つの理由からビットコインが値上がりするのは当然のことだと思います。

問題はどこまで値上がりするのか。という事です。

 

私の失敗談

ここからは私がビットコインで失敗したお話をします。

結論から言うと失敗した理由は、値段が上がりきっている時に一括購入したからです。

2017年末ごろビットコインが暴騰しました。

私はこのビットコインが高騰している事を調べることもせず、ニュースで知りました。

投資に関して何も知らない私でもビットコインの存在を知り、

「ビットコインって儲かるんだ。」と思い投資しました。

私が投資したタイミングは下のグラフで赤い丸がされているところです。

20万円ほど購入した後に暴落し、結局5万円ほど損をしました。

長期で購入のタイミングを分散する必要がビットコインにもあるということですね。

 

売り時

私がこの記事で皆さんに伝えたいことは1つです。

周りで今まで投資をした事がない人が、調べたわけではないのに儲かるからという理由で投資を始めているものは危ないという事です。

 

先ほど私の失敗談の話の中で、「調べもしてないのにニュースで知った」という話をしました。

このような人が自分の周りに現れ始めたら危険です。

周りの人がみんな買い始めるということは、彼らはその後利確のために売り手に回ります。

つまりみんな売ろうとするので「売り手>買い手」の構図になり値段が下がっていきます。

値段が下がってくると売り手は早く売ろうとしてさらに下落が加速し、最終的には暴落します。

今ビットコインの値段が急騰し、個人投資家だけでなく企業や機関投資も投資し始めています。

この段階では暴落する危険性は比較的低く、むしろ資金が流入しているので値上がりし続けると思います。

しかし、個人投資家ですらないただの個人が参入してくるようになると危険です。

ただの個人が参入してくるようなタイミングでは市場に買い手が存在しないからです。

 

様々なニュースや日々のチャートを分析するのもいいですが、こういった日常からも売り時を見極めるのも一つの手かなと私は思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

ではでは!

 


投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kintokiをフォローする
【沖ブロ】あなたの沖縄旅行・沖縄移住お手伝いブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました