スポンサーリンク

40代〜50代で沖縄移住。失敗しない仕事の選び方まとめ。

スポンサーリンク
沖縄移住・暮らし
スポンサーリンク

スポンサーリンク

40代〜50代で沖縄移住するなら仕事選びは重要

沖縄移住の仕事選びは重要だ。

なぜなら仕事で得る収入は生活の根幹だからだ。

当たり前だが、収入が高い仕事につけば豊かな生活ができるし、逆に収入が低いと貧しい暮らしになる。

仕事選びにおいて、お金だけが全てはかなり重要な部分であることは誰も否定できないだろう。

 

40代〜50代の沖縄移住でも仕事が重要になることは変わらない。

まだ定年退職まで時間があり、十分稼げる年齢だからだ。

若いうちにお金を貯めて、40代〜50代から貯金を切り崩しつつはゆるく稼いで生活するというスタイルもありかもしれない。

しかしこの貯金を切り崩すという方法はあまりお勧めしない。

なぜなら、いつまで生きるか誰にもわからないからだ。

幸か不幸か、現代では医療が発達したおかげで平均寿命が伸びている。

人生100年時代なんて言葉もあるぐらいだ。

そんな現代で、40代〜50代と人生の折り返し時点で、貯金を切り崩して生きていくにはリスクがある。

 

 

生活費はいくらぐらい?

沖縄で生活していくにはいくらぐらい稼げばいのでしょうか?

結果から言うと、1人ぐらいは15万ぐらい、二人暮らしは18万円ぐらいです。

もちろん、住む場所や生活スタイル、持病を持っているかどうかなどで生活費は変わってきます。

あくまで目安ではありますが、20万円を目標に転職活動をするといいでしょう。

 

👇沖縄の職種による平均時給・平均月給はこちら

時給 ➡️ アルバイト   月給 ➡️ 正社員
⚫️販売・接客:時給940円・月給17万円
⚫️飲食・フード:時給958円・月給17万3,000円
⚫️観光宿泊:時給915円・月給17万6,000円
⚫️IT事業関係:時給1,100円・月給19万円
⚫️一般事務:時給890円・月給16万5,000円
⚫️介護士・福祉:時給910円・月給17万6,000円

 

20万円を目標としましたが、残念ながら平均20万を超える職種はありません。

しかし、これはあくまで平均値なのでしっかりとしたキャリアがあれば平均以上の収入を得られます。

沖縄の転職であれば転職エージェントを活用することで、色々とサポートしてもらえるので便利です。

安心できる大手がいいのであれば、業界最大手のリクルートがおすすめ。

地域密着型で沖縄に強い転職エージェントがいいのであればジョブアンテナエージェントがおすすめです。

どちらも登録は無料なので、とりあえず相談だけでもしてみはいかがでしょうか?

 

 

40代〜50代の転職は専門的な知識・スキルを活かす

40代〜50代という高齢での転職では今までのキャリアを活かした転職をしていく必要があります。

具体的に言うと

①IT会社で磨いたプログラミンスキルを活かして、IT会社に転職

②医療資格を活かして病院に就職

③保育士の資格を活かして保育園に転職

④地元で飲食店を経営し、沖縄で飲食店を開業

といったものです。

会社員で得たスキルやノウハウを活かして転職する人が多く、経営者として沖縄に移住してくる人もいます。

特に沖縄では医療関係と保育士は人気で、求人が多いので転職に困ることはないでしょう。

 

 

専門的な知識・スキルがない人はどうする?

ここまで読み進めてきた人の中には「特に資格もなく、大したキャリアもない」という人もいるのではないでしょうか?

そういった人たちが沖縄に移住するにはどうしたらいいのでしょうか?

結論からいうと、転職で20万円の収入を得ることができないのであれば沖縄への移住はおすすめしません。

理由は至って簡単で、リスクが高すぎるからです。

十分な貯金があるなら話は別ですが、貯金が2〜3,000万円程度であれば退職後に移住をするのが無難といえます。

20代の移住とちがい、40代〜50代の移住は失敗して地元に戻ろうとしても十分な収入が得られる仕事に転職ができない確率が上がるからです。

いや、もしかしたらそもそも就職ができないかもしれません。

もちろん移住するかどうかを決めるのは自分自身なので、移住したいならしたらいいと思います。

しかし十分にリサーチしてから移住を決断してほしいです。

 

 

低収入でも沖縄移住するとしたらどうする?

さて、専門的な知識・スキルがない人は移住をしないほうがいいというのが私の意見です。

しかしそれではこの記事を読んでいる人もがっかりしてしまうでしょう。

そこで、どうしても移住したい人向けに対策法を紹介したいと思います。

 

 

生活費を下げる

当たり前ですが、生活費が低ければ収入が低くても生活ができます。

固定費の家賃や携帯代、電気代などの固定費を見直してみてください。

もし何も節約をしていないのであれば、月の生活費を2〜3万低くできることもあります。

 

 

地元のスーパー「ユニオン」を活用する

ユニオンは沖縄のみに存在する地域密着のスーパーです。

このスーパーの魅力はなんといってもその安さ。

県内のスーパーの中では1番の安さでしょう。

品質も良くもなく悪くもなく、普通です。

品質にこだわりがなく、別に普通だったら大丈夫という人にはとてもおすすめです。

私も近所のユニオンをよく利用しています。

また、どんな状況でも365日24時間営業してくれるのもユニオンの魅力。

あなたの節約生活を助けてくれること間違いなしです!

 

 

共働きする

もしパートナーと一緒に移住をするなら、共働きをお願いしましょう。

沖縄では共働きは一般的です。

共働きで28〜30万円ほどの世帯月収になるので、二人暮らしであれば生活に困ることはないでしょう。

 

 

副収入をつくる

本職だけでなく、副業することで収入アップをするのも方法の一つです。

副業が当たり前になりつつある現代では、誰でも副業を始めることができます。

 

単発のバイトなどもありですが、ブログやyoutubeなどネットを活用した副業もあります。

沖縄でおすすめの副業をまとめているので、気になる人は読んでみてください。

 

 

今住んでいる家を賃貸する

もし、今あなたが持ち家であれば誰かに貸し出すことで家賃収入を得られるかもしれません。

賃貸は管理会社と契約したら、あとは管理会社がほとんどの業務を代わりに遂行してくれます。

そのため、あなた自身はあまり何かをする必要がないため持ち家の人は、検討する価値があります。

しかしどの管理会社にすればいいかわからないし、そもそもどうやって始めたらいいか分からない人がほとんどでしょう。

そういった人たちはこちらの一括無料相談をしてみてください。

あなたに最適な管理会社が見つかるはずです。

 

 

まとめ

40代〜50代のおいて、沖縄移住の仕事についてまとめました。

沖縄は収入が低いため、自分のキャリアや専門的な知識・スキルをアピールして少しでも収入がいい仕事を探さなければいけません。

転職エージェントを活用し、高収入の仕事を紹介してもらいましょう。

もし専門的な知識・スキルがない人は、パートナーに働いてもらったり、副業をしたりと工夫が必要になります。

 

20代の移住とちがい、40代〜50代の移住は就職できないというリスクが伴います。

しっかりとリサーチをして移住の計画を立ててください。

 

 

この記事が皆さんの参考になると嬉しいです。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました