沖縄なのにアメリカっぽい!アメリカンなスポットまとめ9選!!

旅行・観光
スポンサーリンク

 

沖縄なのにアメリカっぽい!アメリカンなスポットまとめ9選!!

沖縄のアメリカっぽいスポットが知りたい!

沖縄の異国情緒漂うスポットを知りたい!

そんなことを考えた事はありませんか?

 

この記事では28年間沖縄に在住している私が、沖縄でアメリカンな雰囲気が味わえるスポットを9ヶ所厳選しました!

旅行サイトで紹介されているスポットはもちろん私が実際に行った、あまり紹介されないスポットもまとめてます。

定番の観光スポットもいいけど、穴場や地元の人がいくようなスポットも知りたい!という人は必見です。

 

こんな人に読んでほしい!

・沖縄でアメリカの雰囲気が味わえるスポットを知りたい!

・沖縄旅行でしか体験できないスポットを知りたい

・沖縄在住だけど、手軽に海外旅行の気分を味わいたい

 

 

 

 

沖縄でアメリカの雰囲気を満喫できる!?

沖縄はアメリカの雰囲気を楽しめる場所がたくさんあります。

これは米軍基地が県内に32ヵ所もあり、日本で1番基地があるからこその特徴です。

特に極東最大の空軍基地である嘉手納基地近くの北谷では、沢山のアメリカ人をみることが出来ます。

美浜アメリカンビレッジのバーではアメリカ人しかいないといったことも珍しくありません。

 

豊かな自然や綺麗な海が人気の沖縄ですが、アメリカの感じを味わえるのも沖縄の魅力と言えるでしょう。

 

アメリカを感じるスポット1 「美浜アメリカンビレッジ」 

沖縄で1番アメリカを感じることができるスポットといえば、北谷町の美浜アメリカンビレッジで間違いありません。

美浜アメリカンビレッジは、商業施設に映画館、ビーチなど様々な遊び場があり、観光客だけでなく地元民もたくさん訪れるスポットです。

 

那覇空港から約30分ほどの位置にある北谷町。

極東最大の空軍基地である嘉手納基地が近くにあるため、非常にアメリカ人が多い地域となっており、軍服を来て歩いているアメリカ人も珍しくありません。

アメリカ人向けのお店もたくさんあり、アメリカ人向けのバーに行くと、まるでアメリカのバーで飲んでいるような感覚になります。

 

美浜アメリカンビレッジのHPはこちらから

 

 

アメリカを感じるスポット2 「アラハビーチ」

アラハビーチは、先ほど紹介した美浜アメリカンビレッジの近くにあるビーチです。

アラハビーチも美浜アメリカンビレッジと同様に、嘉手納基地に近いため、アメリカ人が多く利用しています。

 

また、ビーチの前には公園があり、大きな船のモニュメントが日本とは思えない雰囲気を演出してくれます。

バスケコートもあり、軍人たちがバスケをしている姿が見れたり、ランニングをしているアメリカ人も多く見ることが出来ます。

ビーチには日本人よりアメリカ人の方が多いなんて事はザラで、日本にいながらアメリカを感じることができるビーチです。

 

アラハビーチのHPはこちらから

  

アメリカを感じるスポット3 「金武町」

金武町は沖縄の北部に位置する町で、面積の約6割が基地というかなり特殊な地域です。

立ち並ぶお店にはドル表記のメニューがあったり、横文字の看板が当たり前のようにあります。

日本とアメリカが融合した、独特な感じのある町になっています。

 

金武町はタコライス発祥の地としても知られています。

金武町のメインストリートであるフレンドシップ通り近くには、たくさんのタコライス専門店があります。

アメリカの雰囲気がある街並みを楽しんだ後は、タコライスでお腹を満たしちゃいましょう♪

 

「たびらい」で金武町の観光スポットを見る

 

 

アメリカを感じるスポット4 「A&W 牧港本店」

A&Wとはアメリカ、インドネシア、日本(沖縄)などに展開するハンバーガーファーストチェーン店です。

地元の人からは「エンダー」の愛称で親しまれています。

 

おすすめは、「The A&Wバーガー」でメニュー名にお店の名前が入っているだけあって、A&Wの看板メニューとなっています。

またA&Wのオリジナルドリンクである「ルートビア」は店内でのおかわりは無料で、何杯でも飲むことができます。

ハンバーガーにサイドメニューのカリーフライトルートビアを一緒に注文するのが王道中の王道で、私もおすすめです♪

日本では沖縄のみにしかお店がないため、沖縄旅行の時はぜひ立ち寄りたいスポットの一つです。

 

A&WのHPはこちらから

 

 

アメリカを感じるスポット5 「読谷村 ヤッケブース」

ヤッケブースは読谷村にある、沖縄初のパンケーキ専門店です。

外人住宅(米統治時代に建てられた軍人用の平家)を改装したお店は、アメリカンの雰囲気ただよう作りになっています。

おすすめはもちろんパンケーキで、もちもちフワフワのパンケーキが食べれます。

 

外国人に人気のあるお店で、お客さんの9割が外国人なのでは?というぐらい店内は外国人ばかりです。

まるで外国にいる感覚で、パンケーキを楽しめるでしょう。

 

ヤッケブースのHPはこちらから

 

 

アメリカを感じるスポット6 「コザ」

コザ市はかつて1956年から1974年まで沖縄中部にあった市であり、現在では沖縄市となっている。

しかし、沖縄市に変更になったあとも、地元民からは「コザ」という愛称で親しまれています。

基地のゲートへと続く通りは、英語表記の看板が数多く並び、独特な雰囲気のある道となっています。

 

またロックの聖地として知られているコザは、音楽が楽しめるアメリカンな地域となっています。

異国情緒な雰囲気と、音楽が楽しめるディープな街として知られているコザ。

ぜひあなたも一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

「沖縄ラボ」でコザの観光スポットを見る

 

 

アメリカを感じるスポット7 「港川外人住宅」

浦添市にある港川外人住宅は1960年代、米軍基地に入りきらない米軍関係者が住んでいた地域です。

居住空間を広く利用できるように、柱がない設計の住居は日本ではあまり見られないつくりとなっています。

そんな港川外人住宅は、今ではカフェや雑貨が並ぶ浦添市最大の観光地となっています。

また通りの名前がアメリカ州の名前がついていたりと、レトロな雰囲気が味わえるだけでなくアメリカっぽい雰囲気も楽しめます。

 

アメリカを感じながら、カフェや雑貨巡りを楽しみたい人は必見のスポットです٩( ᐛ )و!

 

「うらそえナビ」で港川外人住宅の魅力を見る

 

 

アメリカを感じるスポット8 アメリカ百貨

那覇市にあるアメリカ百貨は、アメリカの雑貨を専門に取り扱っているお店です。

店内にはアメリカを思わせる、様々な商品が並んでいます。

 

小物や雑貨だけでなく、洋服やサングラスなどがあります。

アメリカンな雰囲気を味わうだけでなく、自分自身もアメリカ風の洋服を着てアメリカ人になったつもりになりたい人や、お家にアメリカ風の小物を置きたい方はぜひ立ち寄ってみてください♪

 

 

アメリカを感じるスポット9 「キャンプコートニー」

キャンプコートニーはうるま市にある、米軍基地です。

米軍基地は一般の人は入れず、エスコートしてくれる米軍関係者が必要です。

日本国籍の一般人は米軍基地に入る事はできませんが、般の人が入れるイベントがあります。

それが毎週第2・4の土日に行われる、フリーマーケットです。

上画像の看板がフリーマケットの目印です。

顔写真付きの身分証は必要になりますが、日本国籍の一般人も入ることができる珍しいイベントです。

 

基地内なので、もちろん見渡す限りアメリカ人だらけ。

出店しているのがアメリカ人ですので(日本人でも出店可能)、商品もアメリカならではものが多いため、アメリカの文化が好きな人は楽しめるイベントとなっています。

 

  

 

いかがでしたか?

沖縄のアメリカっぽいところを紹介してきましたが、いかがでしたか?

9ヶ所紹介してきましたが、沖縄にはまだまだ沢山の魅力あふれるスポットが沢山あります。

 

私が紹介したところ以外も足を運んで、ぜひ沖縄を満喫してくださいね!

 

この記事が皆さんの沖縄旅行の参考になると嬉しいです!

最後まで読んでくれてありがとうございました!!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました