短期の沖縄移住。ホテルどうする?1ヶ月の費用は?

沖縄移住・暮らし
スポンサーリンク

 

短期の沖縄移住。ホテルどうする?1ヶ月の費用は?

沖縄でプチ移住生活をしてみたい!

沖縄移住をしたいけど失敗しないか不安だから、短期移住して沖縄での生活を体験してみたい!

と思っていませんか?

 

この記事では、沖縄の短期移住についてまとめています

 

✅この記事の内容

・沖縄短期移住、1ヶ月の費用
・短期移住の時のホテル選び
・稼ぎながら短期移住する方法
・短期移住での車どうする?

 

この記事を読んでいる人は沖縄移住に興味がある人が多いと思います。

 

短期で移住すると、沖縄での生活が分かります👇

沖縄短期移住で分かること

・沖縄の気候が合うかどうか?
・住むエリアはどこがいいのか?
・車は必要かどうか?
・沖縄の人と仲良くなれそうか?

 

沖縄移住をしたいのでネットで色々調べる、、、

というは皆さんすると思いますが、やっぱり百聞は一見にしかず!

人に聞くより実際に暮らして、いろいろ見た方が沖縄移住の理解が深まります!

 

さんちゃん
さんちゃん

暮らすのはちょっとなー

と感じたのであれば、旅行で沖縄を楽しめばいいんです!
1番ダメなのは、移住してみたら思ってたのとちがーう!

というパターン!

 

 

プチ移住は観光オフシーズンがおすすめ

沖縄のプチ移住は観光オフシーズンの1〜6月、10〜12月がおすすめです。

理由は航空券、宿泊代が安いからです。

また、観光客が少ないため、観光地と道が混まないのもおすすめポイントです

 

「時期にこだわりがない、海に行く予定がない」という人は観光シーズンの7〜9月は避けるようにしましょう。

 

さんちゃん
さんちゃん

個人的には6月がおすすめ!

気温が上がって海も入れるし、梅雨があけていれば晴れが続くよ!

 

 

1ヶ月の短期移住 費用は?

滞在するエリア、時期で費用は変わりますが、大体15万円前後が1ヶ月の沖縄移住の費用です。

観光地も楽しみたい!レンタカーも借りたい!という場合は、もう少し費用がかかるので20万ぐらいで計画をすることをおすすめします。

 

👇1ヶ月の沖縄移住の費用内訳

飛行機代(往復):約2万円
宿泊代:4.5万円〜12万円
食費:4万〜6万(外食、飲み代含む)

 

飛行機代はさくらトラベル で格安のチケットを予約すればもう少し安くできることもあると思います。

食費は人によるので、外食や飲みには行かない!という人は2万円程度に抑えれます。

 

さんちゃん
さんちゃん

今回の記事では主に宿泊についてまとめています!
宿泊代は1番の出費になるので、ここをうまく抑えることで大幅に節約できます!

 

沖縄の短期移住 ホテルどうする?

沖縄プチ移住で一番お金がかかるのは宿泊費。

また泊まる場所によって、訪れる場所も変わるのでホテル選びは重要です。

後悔しないようなホテル選びをしましょう。

 

 

各自治体の移住体験ツアーを利用する

沖縄の市町村では、移住体験ができるところもあります。

国頭村、東村、名護市、久米島などが移住体験の実績があります。

時期によって実施していない市町村もあるので、気になる市町村があれば役場に問い合わせてみてください。

 

👇メリット・デメリット

・市町村が実施しているので信頼できる
・宿泊料が安い。一泊1,500円とか

 

・人口が少ない市町村なので、魅力が少ない地域がおおい
・ツアー型だと自分の行きたい場所に行けないかも
 

市町村が実施しているので安い・信頼できるのが魅力です。

しかし「移住を推進している=人口が少ない地域」

となるので、田舎での移住体験となります。

 

市町村の沖縄移住体験は

「沖縄の気候が合うか確認したい」

「田舎に移住したい!」

という人にはおすすめです。

 

過去の久米島移住体験ツアーの内容を見てみる

1泊1,500円の東村の移住体験の住居を見てみる

 

 

マンスリー・ウィークリーマンション

短期滞在の定番はマンスリー・ウィークリーマンションではないでしょうか?

沖縄は短期滞在の旅行をする人が多いので、マンスリーマンションがたくさんあります。

 

家具家電付きでウィークリーだと1日6,000円、マンスリーで1日4,000円ぐらい。

普通に住んだ時の家賃よりは高くなりますが、短い期間で契約できるので便利です

 

私が実際に使った頃のあるマンスリーマンションは、S-Style SUMUKA 新都心 1です。

1週間滞在しましたが、その時はコロナの影響で割引していて1日2,500円でした。

近くにコンビニもあるし、駐車場も1台は無料で便利でしたよ!

 

👉家具家電付きのマンスリーマンションを探す

 

👇メリット・デメリット

・家具、家電つき
・自分の滞在期間に合わせて契約できる

 

・防音がゆるい部屋がおおい
・入居者のマナーが悪い

 

マンスリー・ウィークリーマンションは短い期間でも契約できる、家具・家電が備えつきというのがメリット。

しかし、防音がゆるい部屋・入居者のマナーが悪いというデメリットもあります。

とは言っても私が利用した時は、隣の部屋の音なんて気にならなかったし、入居者のマナーも普通でした

マンスリー・ウィークリーマンションのデメリットは口コミを見ることで、あるていど対策できると思います。

 

 

シェアハウス

みんなでワイワイしたい人や、出会いがほしい、費用を安くしたい人はシェアハウスもありです。

女性専用のシェアハウスもあるので、女性の人でも安心して利用できます

 

月4〜6万程度が相場で、個室・wifi完備のところもあります。

同じ境遇の人と情報交換したり、現地の人との繋がりを作ることもできます。

 

・生活費、初期費用が抑えられる
・交友関係、人脈がひろがる

 

・同居人とのトラブル
・男女比が偏ることがある

 

シェアハウスは複数人でスペース、家電を共有するので費用が安いというのが最大のメリット。

1ヶ月滞在で4〜6万程度なので1日1,300〜2,000円。

家電を用意しなくていいことを考えるとかなりお得です!

またシェアハウスを利用する人は、同じような境遇・年代(20代〜30代)の人が多いので仲良くなりやすいというメリットもあります。

 

しかし見知らぬ人と暮らすのは、トラブルが起きやすいというデメリットも。

また男女比が決まっているわけではないので、極端に男性や女性に偏ってしまうこともあります。

 

「とりあえず費用を抑えたい!」

「知らない人ともうまくやっていける自信がある」

という人はおすすめです。

 

 

agodaで探す

色々あるけど、どこでもいいから安い宿泊先を探したい人はagodaがおすすめ。

agodaは本日の割引料金が日々変動していて、最安値のホテルを探すことができます。

そしてこのサイトの凄いところは、他社サイトでagodaより低料金のホテルがあったら差額分を返金するというところ!

 

・かんたんに県内最安値を探せる

 

・日系企業ではなく、外国企業
・掲載料金がサービス料別料金のときがある

 

先ほど説明した通り、その日時点での最安値のホテルを簡単に探すことができます。

場所、宿泊期間、人数を入力するだけで宿泊できるホテルが一覧でできます。

料金が安い順にならびかえる事ができるので、一番やすいホテルが簡単に見つかります。

 

しかし日系企業ではないため(?)、トラブルが多いという口コミもあります。

・予約がされてなかった

・こちらの希望がホテル側に伝わってなかった

・表示料金がサービス料別だったため、実際にかかった料金が高かった

などなど、楽天トラベルやじゃらんに比べるとトラブルは多めみたいです。

 

さんちゃん
さんちゃん

料金だけを考えるならagodaが圧倒的におすすめ!
穴場のホテルが見つかるかも!

  

 

リゾートアルバイトをする

節約するどころか稼いで帰ってくる。

そんなことも寮費・水道光熱費無料・食事付のリゾートバイト! なら可能です。

 

リゾートアルバイトは住み込みのバイトが多いので、宿泊代不要で稼げるというメリットがあります。

もちろん仕事が休みの日は、沖縄生活を満喫することできます。 

 

リゾートアルバイトは

・仕事も含めて沖縄の雰囲気を感じたい人

・将来的には短期ではなく、長期の沖縄移住を考えている人

にはおすすめできる、短期移住です。

 

さんちゃん
さんちゃん

学生で長期休暇がある人や旅費が用意できない人は特におすすめ!

 

 

 

 

那覇市以外に滞在するならレンタカーは必須

車社会のおきなわは那覇市以外に滞在するのであれば、くるまは必須です。

購入をすると費用が大きくなってしまうため、レンタカーがおすすめ。

月1.5万〜5万ぐらいでレンタルすることができます。

 

1ヶ月以上の滞在であればカーリースも選択肢としてありです。

期間によっては1ヶ月7,000円で車に乗ることができます。

 

 

沖縄の格安レンタカー予約なら【スカイレンタカー】 、カーリースであれば業界最安値のリースナブル を確認してみてください。

 

 

さんちゃん
さんちゃん

レンタカーとカーリースの両方を比較して、お得なほうを利用してくださいね!

 

短期の沖縄移住。ホテルどうする?1ヶ月の費用は? いかがでした?

ここまで短期の沖縄移住について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

10〜20年の長期で沖縄移住を考えている人は、短期移住を経験することで沖縄移住の現実を知ることができます

長期で移住のつもりで仕事をやめて、家族と移住してきたのに住んでみたら思っていたのと違う!

なんてことにならないように、ぜひ一度おきなわへ短期移住してみてくださいね!

 

この記事が、

・本気で沖縄移住を考えている

・沖縄に短期移住してみたい!

という人に役立つと嬉しいです!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました