【安くないです】沖縄の家賃は給料のわりに高い!理由も解説!

沖縄移住・暮らし
スポンサーリンク

【安くないです】沖縄の家賃は給料のわりに高い!理由も解説!

沖縄に引っ越す予定だけど、沖縄の家賃相場ってどれぐらいなのか知りたい!

なんで沖縄の家賃って高いの?

おすすめの安くて住みやすいエリアを知りたい!

と思っていませんか?

 

この記事では沖縄の家賃についてまとめていますので、最後まで読むことで沖縄の家賃に関しての疑問が解決することができます。

 

☑️この記事のテーマ

・沖縄の家賃、高い?低い?
・沖縄の家賃はなぜ高いのか解説
・家賃が高いエリア・安いエリアはどこ?
・各エリアの家賃相場

 

 

28年間沖縄に住んでいる私ですが、結論から言うと家賃は高いと思います

後述しますが、土地の価値が上がり続けいているので、昔に比べて家賃が値上がりしています。

とは言っても家賃が安いエリアも紹介しますので安心してください。

 

※今回の記事で出てくる家賃は不動産会社のアットホーム を参考にしています。

 

家賃は変動し続けているので、この記事を書いた時期と今では少しズレがあると思いますので、ご了承ください。

間取りは2LDK〜3DKのアパートとマンションを想定しています。

もちろん築年数や同じ那覇でも場所よっては安くなったりと、多少の相違はあります。

あくまで目安として、この記事を読み進めてもらえると幸いです。

 

 

 

沖縄の家賃 高くない??

では、さっそく沖縄の家賃相場を見てみましょう。

アットホーム でで確認できる情報をもとに平均を算出すると約90,000円という結果になりました!

ずっと住んでいる私からするとちょっと高い、、、?と感じるお値段でした。

 

これは那覇市や北谷町の一部地域が高騰しているためで、実際は7〜8万円ほどです。

 

7〜8万円と聞いて、すごい高いわけではないなと思った方が多いと思います。 

しかし沖縄の給料事情を考えると高いんです。

 

こちらの記事で紹介しましたが、賞与や特別手当てを除いた沖縄の平均年収は252万円。

手取りは月18万円ほどになります。

約4割は家賃で消えてしまい、手元に残るのは10万円ぐらい。

車の維持費や人付き合いで出費が多い沖縄では、ちょっと大変です。

 

共働きorボーナスありきの生活になるというのが現状です。

 

 

沖縄の家賃はなぜ高い?

なぜ、沖縄の家賃は給料と比べて高くなるのでしょうか?

それは観光業が盛んになったことで、観光用としての土地需要が高まり、地価が高騰しているからです。

 

下のグラフは2013年〜2020年の、沖縄県1㎡あたりの地価をグラフ化したものです。

地価が右肩上がりなのが分かります。

これは本島だけではなく離島も同様です。

観光客がたくさん来ることで地価が高騰し、県民のお財布事情が辛くなるというのはなんとも言えない気持ちになります。

 

沖縄の観光客増える限りこの傾向は変わらないと思うので、今後も沖縄の家賃は上がり続けるかもしれません。

 

 

人気エリアの家賃相場は?

沖縄で人気の南部〜中部のエリア。

特に那覇市、宜野湾市、浦添市、北谷町が人気。

商業施設が多く、バスやゆいレールなどの公共交通機関が充実しているため人気があります。 

 

そんな4つのエリアの家賃相場がこちら

 

北谷町16.77万円
那覇市10.89万円
宜野湾市8.14万円
浦添市7.26万円

利便性が高い那覇市は流石の家賃。

ある程度の高収入でなければ、那覇市に住むのは難しいかも。

 

北谷町だけ家賃が高騰しているのは、米軍向けの賃貸が盛んだからです。

日本人向けの賃貸であれば宜野湾市と同じぐらいの家賃です。

 

浦添は利便性が高い割には他の人気エリアに比べると安いので穴場。

ただし最近ゆいレールが浦添まで延長したことで、今後家賃が高くなる可能性は高いです。

 

宜野湾市は沖縄国際大学と琉球大学周辺は、学生向けアパートが多く、家賃が安くて穴場です。

沖縄の学生は宅飲みが多く、ちょっと騒がしいというデメリットもあります。笑

 

家賃相場が低く、おすすめのエリアはどこ?

家賃相場が低い=人気のないエリアとなります。

しかし人気がなくても、住みやすいエリアはあります。

 

私が個人的におすすめなのは、下の3つ

 

与那原町5.23万円
南風原町5.29万円
南城市5.44万円

この3つのエリアは那覇からそんなに遠いわけではないので、コスパの良い地域と言えます。

ただし那覇向けの渋滞は凄まじく、那覇に職場があると通勤時にストレスになるというデメリットがあります。

とは言っても、渋滞は他の地域も同様にあるので、同じように渋滞があるなら家賃が安いほうに住む。という考え方もあり。

 

また買い物に便利なスーパーも普通にあるので、日頃の生活にそんな困ることはないと思います。

 

 

沖縄の家賃は高い? 他エリアの家賃相場&まとめ

ここまでの説明をざっくりまとめると

沖縄の家賃 まとめ

・収入が低いわりに、家賃が高い
・家賃が高いのは地価が上がり続けているからで、しばらくは右肩上がりになりそう
・北谷町・那覇市・宜野湾市・浦添市は利便性は優れているが高い
・家賃を低く抑えたいなら、与那原町・南風原町・南城市がおすすめ

 

こんな感じ。

各市町村の家賃相場もまとめてみました

 

👇各市町村の平均家賃は以下の通り。(2021年7月15日時点)

市町村家賃相場   市町村家賃相場
北谷町16.77万 南城市5.44万円
那覇市10.89万 うるま市6.08万円
読谷村10.05万 豊見城市6.06万円
浦添市8.69万円 名護市5.78万円
宜野湾市8.23万円 糸満市5.77万円
南風原町5.29万円 与那原町5.23万円
沖縄市6.49万円 

いかがでしたか?

 

やはり沖縄も栄えている地域は家賃が高くなるみたいです。

あと、沖縄の場合は海が見えるかどうかも家賃の価格に大きく関わってくるので、それも覚えておいてください。

海に興味がないのであれば、意外に安く借りれるかもしれません。

 

この記事が引っ越しを考えている人に参考になると嬉しいです。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました