沖縄移住の成功例まとめてみた! 成功する共通点やコツは?

沖縄移住・暮らし
スポンサーリンク

 

沖縄移住の成功例まとめてみた! 成功する共通点やコツは?

沖縄移住をしたいけど、失敗しないか不安!

実際に沖縄移住を成功させる人ってどんな人なのか気になる!

沖縄移住をする人ってどんな仕事をしているの?

と思っていませんか?

 

この記事ではネットやSNS、私が実際にあった沖縄移住者たちを参考に沖縄移住の成功例をまとめてみました!

沖縄移住を失敗しないか不安なら、先輩たちのマネをしちゃいましょう!

 

☑️この記事の内容

・沖縄移住を成功させる仕事
・沖縄移住を成功させる人の特徴
・沖縄移住の前に短期移住!

 

私は生まれも育ちも沖縄の28歳。

28年沖縄に住んでいる私は様々な沖縄移住者を見てきました!

そんな私がまとめていますので、沖縄移住を成功させたい人にきっと役に立つと思います!

ぜひ最後まで読んでください!

 

 

そもそも沖縄移住の成功とは?

沖縄移住を成功する人を増やしたいと思い、この記事を書きはじめました。

しかし、そもそも「沖縄移住の成功」とはなんなのでしょうか?

 

私が思う沖縄移住の成功はこちらの3つ👇

沖縄移住の成功とは

①借金をせず沖縄で生活ができている(経済面)
②やりたい事ができている(生きがい)
③人に迷惑をかけていない
(社会性)

 

わたしは上記3つを達成して沖縄移住は成功したと言えると思います。

期間を設けなかったのは、量より質という事で、期間より内容が大切だからと思うからです。

人によっては、親が病気で地元に帰らないといけないとか、いろいろ事情がありますからね。

 

この成功の条件ですが、もちろん人によって異なります。

「どんな結果になっても、捉え方によっては成功になる!」

「失敗は成功のもとだ!」

とかいろいろ意見があると思います。

 

私はそれらの意見はすべて正しいと思っています。

 

結局、「自分は自分、他人は他人」なんです。

人に迷惑をかけなければ、自由に考えて行動して生きていけばいいと思います。

 

今回、成功の条件をあげたのは、記事の方向性を示すためです。

それを理解したうえでこの記事を読み進めてください。

 

 

沖縄移住の成功例1 専門職に転職しつつ移住

沖縄移住の成功例としてよく見るのは、専門職に転職しつつの移住です。

安定した給料をもらいつつ、プライベートで自分のやりたいことを思う存分楽しむ!

これは沖縄移住だけでなく、どこに住んでも大切な事ですよね。

今回は沖縄でも人気のある専門職をご紹介します。

 

 

看護師

給料がたかい職業として人気のある看護師は沖縄でも同じく人気があります。

収入がひくい沖縄ですが、看護師はそんな沖縄でも月収30万円を超えるなんてことも。

人不足の看護師は就職にも困らないので、ほかの職業に比べてスムーズに転職が可能です。

給料の良さと転職のしやすさでは、看護師は他の職業よりかなり優れていると思います。

 

 

保育士

出生率がたかい沖縄は保育士も人気のある職業です。

看護師にくらべると給料は少ないですが、手取り25万ぐらいの求人もあります

25万ももらえるのであれば、沖縄のなかでは高収入。

ゆとりのある生活ができるので、仕事が休みの日は自分のやりたい事ができるでしょう。

また、基本的に人不足の保育士は転職も難しくないのも魅力のひとつです。

 

さんちゃん
さんちゃん

看護師・保育士は「給料がたかい&転職しやすい」というメリットがあります!

自分のスキルを活かすことができるので、資格を持っている人はぜひ検討してみてください!

 

沖縄移住の成功例2 ダイビングの仕事について転職

ダイビング好きで沖縄移住をする人の中には、ダイビング関係の仕事に転職する人もいます。

ダイビングのインストラクター、ガイドはもちろんですが、ダイビング機器の販売員などの仕事もあります。

ダイビングも好きというだけでなく、ダイビングの良さをみんなに伝えたい!という人が多く、プライベートと仕事が混ざったような生活を送っています。

 

さんちゃん
さんちゃん

単純にダイビングが好きだから!という人はダイビングを仕事にすると少し辛いかも!

みんなにダイビングを楽しんでほしい!という熱い思いの人が多いみたい!

 

 

沖縄移住の成功例3 カフェ開業&移住

沖縄移住をしてカフェを開業したい人は多く、「沖縄移住 カフェ」で検索するといろんな記事が出てきます。

綺麗な海に豊かな自然がおおい沖縄は、絶景を望める場所が多くあるため、カフェを営業してみたくなるんでしょうね。

実際にカフェで生計を立てている移住者の方もいらっしゃいます。

 

さて、観光客がおおい沖縄では、立地とアイディアによってはかなりの収益が望めます。

 

沖縄移住したい=沖縄が好き、沖縄の良さを知っている

 

となるので、県外の人の方が沖縄県民より観光客受けするカフェを開業する事が得意。

経営が軌道に乗り、従業員にお店を任せて自分は悠々自適の生活なんてこともできるかもしれません。

 

さんちゃん
さんちゃん

ただカフェを経営したのではなく、「沖縄の良さを伝えるカフェを経営したい!」という人は挑戦してもいいと思います。

ただカフェを経営したいだけなのであれば、どこでもできるからね♪

 

 

沖縄移住の成功例4  IT系に転職して移住

実は沖縄はIT企業がおおい県です。

その理由は地震が少なく、安定した電気供給ができるから。

また沖縄県外のIT企業の沖縄支社に転職できれば、本土と同じくらいの給料をもらいながら沖縄に住むことができます。

沖縄移住では、沖縄の給料がひくいという事がネックになる事が多いですが、収入を下げることなく移住ができるかも?

 

さんちゃん
さんちゃん

わたしはIT関係ではないですが、大阪企業の沖縄支社に就職したので、全国平均の給料をもらえています。

IT関係であれば、沖縄に本土企業が数多く存在するのでチャンスが多いと言えます。

 

 

沖縄移住の成功例5  副業で副収入を得ながら移住

給料が低いのであれば、自分で稼いじゃおう!

という事で、副業を頑張って沖縄移住をしている人もいます。

大体5万円ぐらい稼げるようになれば、少し贅沢ができるぐらいになります。

 

「副業なんてとても無理」

と思うかもしれませんが、何のスキルもないわたしでも、月1万5千円は稼げた事があります。

 

とりあえずやってみる。という精神でチャレンジするのもいいかも?

 

 

さんちゃん
さんちゃん

何事もチャレンジ!

副収入があると精神的にも落ち着くし、誰でも挑戦できてスキルも身につくのでおすすめ!

 

 

沖縄移住で成功する人の特徴

さて、ここまで仕事をメインに沖縄移住の成功例を紹介してきました。

ここからは「人」をメインに沖縄移住を成功する人の特徴を紹介していこうと思います。

転職がうまくいっても、自分のやりたい事ができていない人や他人に迷惑をかけている人は移住を成功しているとは言えません。

仕事以外も充実した生活ができるように、自分が沖縄移住に向いている人なのかどうか考えながら読み進めてください。

 

 

沖縄移住の現実を知っている

沖縄移住を失敗する1番の理由は、「住んでみたら想像と違った」というところです。

観光地としての沖縄と、実際に住んでみてわかる沖縄生活は全然違います。

収入が低くて生活するだけでやっとだったり、湿気でカビが大変だったりと、長期で滞在するとわかる沖縄で生活する苦労があります。

沖縄移住で成功する人は、そう言った沖縄生活の現実を前もって調べます。

そうやって理想と現実のギャップを小さくすることで、移住して大変な事があっても受け入れる心の準備ができているのです。

 

 

さんちゃん
さんちゃん

観光と移住は別物。
移住を決める前に沖縄の暮らしについて調べよう!

 

 

 

【沖縄移住やめとけ】デメリットだらけ?沖縄暮らしの現実7選!を読む

 

 

 

ある程度雑な計画を立てる 綿密に計画しない

移住をするのかしないのか?は慎重に決めていいですが、移住を決めた後の計画はある程度雑に立てましょう。

なぜなら、計画通りに移住できることはほぼないからです。

 

○月△日までに移住して、費用は150万円でいこう。

という計画よりは

○月中には移住して、費用は150万から200万くらいで移住できたらいいな〜

という感じで大雑把に計画を立てましょう。

 

綿密に計画を立てすぎると計画通りにいかないことでストレスが溜まったり、不安になってしまいます。

トラブルが起きても、「まぁ、こういうこともあるか〜」と流せるような気の持ちようが大切です。

 

  

さんちゃん
さんちゃん

移住にトラブルはつきもの!
柔軟に対応できるように、計画は大雑把に立てよう!

 

 

楽観主義者

度が過ぎるのもダメですが、うまくいかなくても都合のいいようにとらえることも大切。

「まっ、何とかなるか」と失敗したとしてもポジティブに考える事ができる人は沖縄移住に向いています。

慣れない土地での生活は苦難の連続です。

失敗するたびに落ち込んでいる暇はありません。

 

 

さんちゃん
さんちゃん

失敗=経験!
失敗しちゃったと落ち込むより、次頑張ればいっかぐらいの気持ちが大切!

 

沖縄に貢献できる人

沖縄に貢献できる人は、沖縄人に必要とされるので移住が成功しやすい傾向にあります。

例えば

・県外に沖縄の魅力を発信して観光客を増やす

・地域密着のレストランを開業し、地元民のお腹を満たす

・沖縄の人にはない視点から業務を遂行し、効率アップ

などです。

お金を使って遊ぶ観光客の立場であれば、沖縄に貢献なんて考えなくていいんです。

でも沖縄に住むのであれば、沖縄に貢献できる人になりましょう。 

 

さんちゃん
さんちゃん

沖縄に住むのであれば、周りの人に認めてもらう事が大切!

‘‘与えてもらうばかりでなく、与えれる人になろう!’’

 

 

郷に入れば郷に従える人

沖縄は独特な気候だけでなく、文化も独特。

仕事の仕方も全然ちがいます。

そんな沖縄に自分の方法を持ち込むと、周りとの関係がうまくいかず沖縄移住は失敗に終わります。

沖縄の人はよそ者に冷たいですが、仲間と認められると、とことん親切にしてくれます。

沖縄の人といい関係が築けるまでは自分のこだわりは捨て、相手に合わす事で仲間と認めてもらいましょう。

そうする事で、周りの人があなたを助けてくれるはずです。

 

 

 

沖縄移住の成功率をあげたいなら沖縄に短期移住もあり!

沖縄移住をどうしても成功させたい!という人は、1ヶ月ほどの短期移住もありです。

 

沖縄に短期移住をする事でこのような事が分かります👇

沖縄短期移住でわかる事

・沖縄の気候が合うかどうか?
・住むエリアはどこがいいのか?
・車は必要かどうか?
・沖縄の人と仲良くなれそうか?

 

いろんな人の話を聞くよりも、実際に住んでみたほうがわかる事が多いです。

 

さんちゃん
さんちゃん

1ヶ月の沖縄短期移住の費用やホテル選びについてまとめましたので、気になる人は読んでみて下さい!

 

 

短期の沖縄移住。ホテルどうする?1ヶ月の費用は?を読む

 

 

沖縄移住の成功例 いかがでしたか?

沖縄移住の成功例を紹介してきましたが、いかがでしたか?

成功の基準は人によって違うので、紹介した成功例や成功する人の特徴が正しいとは限りません。

 

しかし、実際に沖縄移住を成功していると感じながら暮らしている人たちは今回紹介した成功例のような人が多いです。

 

「自分は沖縄移住を成功させる事ができるのか?」

一度、自分を見つめなおし、沖縄移住するかどうか考えてみて下さい!

 

さんちゃん
さんちゃん

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました