筋トレ・ダイエット

サラリーマンこそ筋トレをすべき筋トレのメリット!悩みは全て筋肉が解決する!


サラリーマンこそ筋トレをすべき筋トレのメリット!悩みは全て筋肉が解決する

サラリーマンの皆さんこんにちは!

今回の記事はサラリーマンこそ筋トレをすべき筋トレのメリットについて解説していきます。

この記事の内容

・サラリーマンこそ筋トレをしたほうがいい理由
・筋トレのメリット
・筋トレのデメリット
・まとめ

いつもは今までの筋トレをしてきた経験を元に色々な筋トレの情報を記事にまとめていましたが、今回は肩の力を抜いて気軽に読み進めてもらえたらいいなと思います。

この記事をきっかけにサラリーマンのあなたが筋トレを始めてくれるor継続してくれると嬉しいです!

ぜひ最後まで読んでください。

サラリーマンが筋トレすべき理由 メリット編

まずはサラリーマンが筋トレをしたほうがいい理由を、私の実体験も交えながら解説していきます!

このメリットを知ったら、きっとあなたも筋トレがしたくなるはずです!

健康になれる

筋トレの最大のメリットは健康になれることです!

健康になるというのは、私が筋トレを始めて1番感じたメリットです。

あなたは社会人になってから定期的に運動してますか?

健やかな精神は健やかな魂に宿る。
健康じゃないとメンタルが安定しません!

筋トレしたら健康になるというのは思い込みでなく、実際に筋トレは健康になれるという研究結果はたくさんあります。

・基礎代謝が上がり、痩せやすい体質に
・肩こり、冷え性の改善
・ホルモンの働きが良くなる
・ストレスが軽減される

体調を崩しがちの人は信頼がなく、大切な仕事なんて任せてもらえません。
健康に毎日出勤することは社会人としてできて当たり前。

健康になると仕事だけでなく、休日も満喫することができます!
体を動かして、健康な体を手に入れましょう!

テストステロン増加でパフォーマンス向上

テストステロンという男性ホルモンをご存知ですか?

仕事ができる男はこのテストステロンの数値が高いと言われています。

テストステロンがもたらす効果

・集中力、モチベーションアップ
・精神安定、ポジティブ思考になる

また、テストステロン値が高い人は女性にモテるとも言われていて、女性を惹きつけるフェルモンを発生させる働きがあります。

集中力がアップして仕事ができるだけでなく、女性にもモテるなんて最高ですよね。

テストステロンはストレス、肥満、加齢によって減少してしまいますが、筋トレをすることで増加させる事ができます。

仕事とプライベート両方を充実させるためにも、筋トレをしましょう!

筋肉があれば上司だってこわくない

あなたにネチネチ言ってくる上司。

そんな上司も筋トレをすればへっちゃらです。

筋トレして力がついて体も大きくなると「やろうと思えば上司なんて簡単にねじ伏せれる」という気持ちになり気持ちにゆとりが持てます。

筋肉は最強なのです。笑

普段ストレスになっている上司の小言も「弱い奴が何か言ってる、、、」ぐらいで聞き流せるようになります。

もちろん暴力はいけません。

しかし肉体的に優位に立つとメンタル面も落ち着きますので、人間関係でメンタルをやられないためにも筋トレは有効な手段と言えます。

見た目がかっこいい!

筋肉がついて肩幅が大きくなるとスーツをカッコよく着こなす事ができます。

実はこれ結構大切な事で、見た目が仕事できそう感が出るので上司や同僚、部下から信頼されるようになります。

「体格がいい=仕事ができる」とはならないですが、ガリガリのなよなよした人より、ガッチリした人の方がなんとなく仕事ができそうな気がしますよね。

この周りに仕事ができそうと思われることが大切です。

人間の心理で期待されると成長するというものがあります。
これをピグマリオン効果といい部下をマネジメントする系の本などにたまに出てきます。

筋トレをしている人は生き生きしている人が多く、スーツをビシッと着こなしているのも相まって周りから見て仕事できるように見られるのでこのピグマリオン効果を実感する場面たたくさん出てくるでしょう。

キャラのおかげで仕事がしやすくなる

筋トレに励んでいると「筋肉キャラ」になれます。

別に筋肉だけでなく何かしらキャラクターがある人は周りの人から好かれますよね。

話の話題にもしやすいですし、キャラがあることで声をかけられやすくなります。

私自身、部下からも上司からも筋肉をネタに話しかけられる事が増えて会社の人とのコミニケーションが増えたことを実感しました。

また部下との面談で緊張している時は、仕事の話を筋肉に例えて話すとクスッと笑ってくれて緊張感なく話し合うことができたこともあります(やり過ぎは注意。すべります。)

サラリーマンが筋トレするデメリット

ここまでは筋トレのメリットを紹介してきました。

メリットが多い筋トレですが、一応デメリットもあります。
デメリットを理解しつつ筋トレに励みましょう。

筋肉の話ばかりするとうざがられる

筋トレにハマると、筋トレの魅力を周りの人に話したがられます。

最初のうちは周りの人も楽しそうに聞いてくれるかもしませんが、やりすぎると煙たがられます。

普通の人は筋肉の話をしても楽しくありません。
タンパク質やベンチプレスが○kg持ち上がったなんて話は誰も興味ありません。笑

それを肝に命じて話すようにしましょう。

服が着れなくなる

筋トレをすると体のサイズが変わるため、今来ているスーツや服が着れなくなります。

ゆったりめの服を買ったり、伸縮性に優れている服を買うようにしてください。

スーツに関してはダボダボのを着るわけにはいきませんし、伸縮性がそこまで優れているわけではないので、都度買い直すことになります。

私の場合は、スーツのズボンを3着破いてしまいました。

背広も肩幅が広くなって入らなくなり、新しいスーツを新調しました。

服が入らなくなるというのは筋肉が成長した証拠であり、嬉しいと思う反面お金がかかるという苦労がありますね。

空腹を感じると筋肉が減るのがこわくなる

筋肉に十分な栄養を送らないと筋肉は分解されてしまいます。

そのため、空腹になる前に食事をして体に常にエネルギー満タンの状態にする必要があります。

しかし仕事で何かトラブルがあったり、長時間残業をしてしまうと食事を取りたいのに忙しくて何も食べれないということは誰でも起こります。

そんな時空腹を感じてしまうと「筋肉がなくなる!」と不安になり仕事どころじゃなくなります。

普通の人からしたら食事はお腹を満たすものという考えだと思いますが、筋トレを始めると食事が栄養補給の時間と考えるようになります。

一般人からしたら理解しがたいものだとは思いますが、トレーニーからしたら食事が取れないのは死活問題です。

タンパク質が摂取できないと集中できなくなる

筋トレにハマると、日常が筋肉に侵略されます。

筋肉にタンパク質は必要不可欠。
3時間ごとにはタンパク質は摂取しないと筋肉は分解されてしまいます。

そのためトレーニーたちは様々なタイミングでプロテインを飲もうとします。

トイレでちょっとデスクを離れた時、営業で外回りに行く時など周りの目を気にしてコソコソプロテインを飲んでいるサラリーマントレーニーはたくさんいます。

職場の雰囲気がゆるく、プロテインを飲んでいても問題がないような環境であれば問題ありませんが、職場によっては肩身の狭い思いをするかもしれません。

こんな感じなので、筋トレをしている人がプロテインを飲んでいてもどうか冷たい目で見ずに温かい目で見守ってもらえると幸いです。

まとめ

ここまでサラリーマンが筋トレをすべき筋トレのメリットと筋トレのデメリットについて解説してきました。

まとめると下記の通り

まとめ

⚫️筋トレのメリット
・健康な体を手に入れられる
・テストステロンの増加で、仕事のパフォーマンス向上
・上司がこわくない
・見た目がカッコよくなり期待されるようになる
・筋肉キャラがつき、仕事がやりやすくなる

⚫️筋トレのデメリット
・筋肉の話ばかりするとうざがられる
・服が切れなくなる
・空腹がこわくなる
・タンパク質を摂取しないと落ち着かない

いかがでしたか?

デメリットもある筋トレですが、私はメリットの方が大きいと思います。

実際私は筋トレを始めたおかげで健康になれましたし、筋トレをする時間を作るために仕事を早く終わらすようになったりと、仕事とプライベートのメリハリがつきました。

サラリーマンとして働き色々と悩みを持つと思いますが、騙されたと思って筋トレをしてみてください。

きっとあなたの悩みは解決するはずです。

さんちゃん
さんちゃん
この記事が皆さんの参考になると嬉しいです!
最後まで読んでくれてありがとうございます!