筋トレ・ダイエット

【初心者へ】ベンチプレスは恥ずかしくない!重量なんて気にするな!

 

 

 

【初心者へ】ベンチプレスは恥ずかしくない!重量なんて気にするな!

ベンチプレスしたいけどマッチョ達の視線が気になる
ベンチプレスをしたいけど重量が軽くて恥ずかしい

なんて悩んでませんか?

 

 

この記事では、筋トレ初心者がベンチプレスを恥ずかしいと感じなくていい理由についてまとめています。

 

この記事の内容

・ベンチプレスを恥ずかしいと感じなくていい理由
・恥ずかしいと感じないための考え方
・ベンチプレスの重量を上げる方法

 

私は筋トレ歴7年でベンチプレスは102キロをあげれるようになりました。

そんな私も筋トレ初心者の時は、フリーウエイトエリアにいる筋肉隆々の人たちに怖気ずいて恥ずかしくて入れない。。。と感じていました。

 

筋トレ初心者がベンチプレスを恥ずかしいと思ってしまう1番の理由は「軽い重量でベンチプレスをするのが恥ずかしい」というものではないでしょうか?

 

ガリガリなのにベンチプレスなんてするなよ。。。
重量軽すぎ。ださっ。

って周りに思われてそうで恥ずかしくてベンチプレスができない。

そんな風に思ってしまっている人はぜひこの記事を最後まで読んで、ベンチプレスに挑戦して欲しいなと思います。

\ プロテインをお得に買えるマイプロテインの公式HPはこちらから /

【最大60%OFF!】マイプロテインお得に買える3つのコツ!セールを活用せよ!マイプロテインでお得にお買い物をする方法を知りたい!セールが多いけどいつが買い時なの?と思っていませんか?この記事ではマイプロテイン 歴5年以上の私がマイプロテインでお得にお買い物が出来る方法と1番割引額が大きいセールはいつなのか?について解説しています!お得にお買い物をしたい人はぜひ参考にしてください!...

 

ベンチプレスを恥ずかしいと感じなくていい理由

では最初に筋トレ歴7年の私から、初心者の皆さんがベンチプレスを恥ずかしいと感じなくていい理由を解説します。

私も7年筋トレしているので一応いわゆるゴツい系の見た目をしています。

きっと初心者の皆さんからしたら、私みたいなゴツい人たちがどう思っているのかと気になる思いますのでそこら辺を中心に解説したいと思います。

 

周りのゴリラも最初は初心者

フリーウエイトエリアをウロウロしているゴリラ達(笑)ですが、彼らも最初は初心者です。

私も筋トレを始める前は、身長166cmで体重49キロと典型的なガリガリ体型でした。

初めてベンチプレスをした時は35キロがやっとというぐらいの非力で、とても恥ずかしかった事を覚えています。

きっと私以外のトレーニーも同じだったと思います。

また、ずっとジムに通っていると何人もの初心者を見てきます。
きっと周りのトレーニーは自分が筋トレを始めた頃のことを思い出し、あなたのことを応援していると思います。

 

さんちゃん
さんちゃん
筋トレ仲間が増えた!と喜んでいるトレーニーも少なからずいると思います!

 

 

そもそも誰もあなたをそこまで気にしていない

筋トレガチ勢達は自分のトレーニングで必死です。

いかに集中を切らさずに筋肉に負荷を与えることができるかと考えながら筋トレをしています。

そのため、初心者がベンチプレスに挑戦していることに対して特に何も気にかけていません。

 

さんちゃん
さんちゃん
ゴリラ達は自分の筋肉のことしか考えていません。彼らのことは気にしなくて大丈夫です!笑

 

 

見ている人は怪我をしないように見守っている

「気にしなくていいって言われてもチラチラ見てくる人いるんだけど。。。」

と思う人もいるかもしれません。

確かに私も初心者がベンチプレスに挑戦しているとチラチラ見ることがあります。

しかしこれはあなたを見定めようとしている訳ではなく、怪我をするようなトレーニングをしていないか?と見守っているためです。

ダンベルや重りを使うトレーニングはマシンに比べて怪我をしやすいトレーニングです。

そのため、まだフォームが安定していない初心者がベンチプレスに挑戦しようとすると怪我をしないかと心配で見られてしまうのです。

実際1セット目を見て怪我の心配がない場合は、あなたのことをチラチラ見ることはなくなると思います。

 

さんちゃん
さんちゃん
ゴリラ達は見た目は怖いですが、とても優しい人たちなので安心してください

 

 

恥ずかしいと思わないために

マッチョ達が初心者の自分を気にしていないのは分かった!

それでもやっぱり軽い重量でしかベンチプレスできないのが恥ずかしい!と思ってしまう人もいるでしょう。

そんな周りがどうのこうのじゃなくて、自分の気持ちの問題!という人へのアドバイスです。

 

 

継続していることを自信にする

最初は軽い重量しか上げれないのは当たり前です。

重量で一喜一憂するのではなく、筋トレを継続できていることを自信につなげましょう。

「筋トレ 継続率」と検索してもらうと分かりますが、運動を1年間を継続できる人はたったの4%で、筋トレを継続できる人は0.3%しかいません。

ベンチプレスに挑戦しようとしているという事は、ある程度筋トレを継続できているはずです。

そもそも「ベンチプレスに挑戦する」という段階の人はとても少数なのです。

ベンチプレスに挑戦していること自体が素晴らしいことなので自信を持ちましょう。

 

さんちゃん
さんちゃん
ベンチプレスに挑戦しているあなたはかっこいいです!自信を持って!

 

 

伸びしろがあるんだと考える

どんなに運動が苦手な人でも、継続して筋トレをすることでベンチプレスは自分の体重ぐらいは持ち上げれるようになります。

今は軽い重量しか扱えなくても、それは成長の余地があるということです。

筋トレを長く続けていると重量の伸びは鈍化していきます。

初心者は重量が伸びやすく成長を感じやすいボーナスステージですので、「軽い重量しか扱えない=成長できる!」とポジティブに考えましょう。

 

さんちゃん
さんちゃん
成長は筋トレの醍醐味!楽しみながら筋トレして下さい!

 

 

ベンチプレスの重量を伸ばすには

ベンチプレスを恥ずかしがる必要はないと言っても、できることなら高重量でベンチプレスをできるようになりたい。って思うのが当たり前ですよね。

そこで簡単にですが、ベンチプレスを伸ばすコツを解説します。

 

正しいフォームでトレーニングをする

正しいフォームで筋トレするというのはベンチプレス以外のトレーニングでも大切なことです。

間違ったフォームでベンチプレスをすると、大胸筋以外の筋肉も使ってあげようとするため大胸筋にうまく負荷が入らず効率が悪いトレーニングになります。

肩甲骨を寄せて、しっかりと胸を張ってベンチプレスをするようにしましょう。

私は筋トレyoutuberのshoさんの動画を参考にしてフォームを練習しました。

動画を貼っておきますので参考にしてください。

 

 

他の部位も鍛える

ベンチプレスは肩(前部)と上腕三頭筋も使います。

そのため肩(前部)と上腕三頭筋を鍛えることでベンチプレスの向上が期待できます。

肩(前部)を鍛えるフロントレイズやショルダープレス、上腕三頭筋を鍛えるスカルクラッシャーやフレンチプレスなども取り組んでみるといいでしょう。

 

 

糖質をたくさんとる

筋肉の材料となるタンパク質を積極的にとっている人は多いと思います。

しかし筋力の向上にはタンパク質だけでなく、糖質も大切です。

糖質は分解されて筋肉にグリコーゲンとして蓄えられますが、グリコーゲンは筋トレの時のエネルギーとなってくれる大切な栄養素です。

糖質が不足するとエネルギー不足になり、パワーが出ないだけでなく足りないエネルギーをタンパク質を分解して補います。
そのため糖質の不足は筋肉の成長を抑制してしまう効果もあります

特に筋トレの前中後は意識して糖質を取るようにしましょう。

 

筋トレにおすすめの糖質は記事でまとめていますので気になる人は読んでみてください。

筋トレをしている人必見!糖質を摂れるおすすめの食べ物7選!!筋トレには糖質が重要な栄養素ですが、効率的に糖質を摂取できる食材を知りたくないですか?この記事では筋トレ前におすすめな糖質を摂れる食材を紹介しています。筋トレにおすすめな糖質を含む食材を知りたい人や、糖質を摂取するタイミングを知りたい人に参考になるないようですので、ぜひ最後まで読んで筋トレにいかしてください!...

 

 

停滞期に入ったら

上記のことを意識しつつ、8〜12回ぐらいの回数を上げるのが限界という重量で3セットすることで自然と重量は伸びていくでしょう。

しかし、ある程度重量が伸びるとなかなか重量が伸びない停滞期に入ります。

停滞期に入ると同じ筋トレ方法では重量を伸ばすのが難しくなります。
そのため重量が以前より伸びにくくなったという場合は、筋トレ方法を変える必要があります。

 

 

ベンチプレスが停滞期に入った場合は高重量でトレーニングする必要がありますが、詳しくはまとめた記事があるのでこちらを参考にしてください。

ベンチプレスの重量が伸びない人に試して欲しい方法7選!ベンチブレスの重量が伸びない!筋力を上げるにはどうしたらいいの?と悩んでいませんか?この記事では私が実際にベンチプレスの重量を伸ばした筋トレの方法を7つ紹介しています。筋トレはただがむしゃらにやり込めばいいわけではありません。正しい方法で努力することが大切です。ぜひこの記事を最後まで読んで参考にしてください!...

 

 

まとめ

ここまでベンチプレスを恥ずかしいと感じる必要ない理由について解説してきました。

まとめると下記の通り

まとめ

⚫️ベンチプレスを恥ずかしいと感じる必要がない理由
・誰でも最初は初心者
・マッチョ達は自分の筋肉しか考えてない
・怪我をしないか見守っているだけ

⚫️恥ずかしいと感じない考え方
・継続できていることに自信を持つ
・伸びしろがあると考える

⚫️ベンチプレスの重量を伸ばす方法
・正しいフォームで筋トレ
・他の部位も鍛える
・糖質をたくさんとる

 

とにかく大切なのは継続することです。

恥ずかしいという気持ちに負けずに筋トレを継続することで、あなたの大胸筋はたくましく成長し、ベンチプレスの重量も伸びるでしょう。

継続できるか不安という人は、筋トレを継続する方法についてまとめていますので気になる人は読んでみてください。

【筋トレ歴6年】モチベーションを上げる方法12選!!筋トレを継続できない!筋トレのモチベーションを上げる方法を知りたい!と思っていませんか?この記事では筋トレのモチベーションを上げる具体的な方法を12こ紹介しています。筋トレはハードな運動と食事制限を伴うことが多くて大変ですよね。この記事を参考に筋トレのモチベを維持して体型を変えていきましょう!...

 

また効率的にベンチプレスを強くしたい場合は、分割法を用いてトレーニングするのがおすすめです。

分割法が何かわからないという人は分割法についてまとめましたので、参考にしてください。

筋トレガチ勢はなぜ分割法なのか?メリットやメニューを徹底解説!筋トレって分割法がいいの?そもそも分割法って何?と思っていませんか?この記事では分割法のメリットや具体的な分割法の筋トレメニューを解説しています。筋トレに慣れてきて初心者を卒業すると分割法という言葉を耳にするのでないでしょうか?分割歴6年の私が詳しく解説していますので、よく聞くけどよく分からない人やどんなメニューにすればいいか困っている人はぜひ読んでください!...